2018年06月26日 コラム

パソコンの内部構造

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb %ef%bc%96%ef%bc%92%ef%bc%96

パソコンの内部構造の名称について知っていると、いざトラブルが起きた時に対処しやすくなるかと思います。
本日は、パソコン内部の部品の名称と、おおまかな役割についてご紹介します。
①CPU
中央演算装置。パソコンの頭脳にあたるもの。
②放熱板
CPUに取り付けて、CPUで発生する熱を放熱するもの。
③メモリ
CPUが計算するときのデータを一時的に記憶しておくためのパーツ。CPUが計算処理を行う際に使用する作業机のようなもの。
④マザーボード
パソコンを構成するすべての部品が取り付けられる主基板。
⑤グラフィックカード
CPUで行われた計算処理の結果を、ディスプレイに表示させるカード状の装置。
⑥CD-ROMドライブ
CD-ROMのデータを読み出す装置。
これらの装置の名称を覚えておくと、困った時に役立つかと思います。
また、コラムでは、パソコンに関する豆知識などもご紹介しておりますので、是非参考にしてみてください!
その他パソコンに関する不明点などがあれば何でもご質問ください。
点検やお見積もりのみでのご来店でも大歓迎です!!
修理経験、知識豊富なスタッフが分かりやすく丁寧にお答え致します!
営業時間は11時から20時まで。
スタッフ一同、皆様のご来店心よりお待ちしております。


パソコン修理王では、パソコンの修理、買取、販売も行っております。

パソコン関係でなにかお困りのことがあれば是非お立ち寄りください。」

修理のご依頼について

サービスに関するお問い合わせ、お見積りは、以下よりご連絡ください。

対応メーカー一覧

  • Maker01
  • Maker02
  • Maker03
  • Maker04
  • Maker05
  • Maker06
  • Maker07
  • Maker08
  • Maker09
  • Maker10
  • Maker11
  • Maker12